モバイルでペットを飼ってるひと


by fdklskmfbz

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 政府は20日、財政再建目標を含めた「財政運営戦略」と2011〜13年度の歳出の大枠を定める「中期財政フレーム」の6月策定に向け、関係閣僚委員会を国会内で開いた。菅直人副総理兼財務相は閣僚委で「成長、社会保障、財政再建の3つの考え方を法案化し、国会で議論する準備をしている」と述べた。今後、法制化を視野に具体的な数値目標の検討に入る。 

3歳娘を浴室に6時間監禁…虐待父親を再逮捕(読売新聞)
海自機に速射砲の照準=中国海軍の駆逐艦、東シナ海で−関係筋(時事通信)
欧州便4日ぶり運航、ミラノ行き成田を離陸(読売新聞)
<常磐線>特急と軽トラック衝突、運転手重傷 茨城・日立(毎日新聞)
<掘り出しニュース>親子タケノコ、府中で見つかる (毎日新聞)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-04-24 07:20
by fdklskmfbz | 2010-04-21 15:56
 大阪府大東市で生後6カ月の男児が虐待され、重傷を負った事件で、傷害容疑で逮捕された父親の木邨諒(きむら・りょう)容疑者(21)が、虐待を疑った妻(21)や府中央子ども家庭センターに対し、「(長男が)ベッドから落ちた」などと言い訳を繰り返し、虐待を隠蔽(いんぺい)していたことが13日、分かった。

 四條畷署やセンターによると、妻は昨年11月ごろから長男の体のあざに気づき、何度も木邨容疑者を問いつめたが、木邨容疑者は「ベッドから落ちた」などと説明した。

 センターも今年1月に長男を保護した際、ほおやあごなどにあざや傷があるのを発見。4回にわたって木邨容疑者から聞き取り調査したが、木邨容疑者は「愛情表現でキスしたときにできた」「食べこぼしでかぶれたのではないか」などと虐待を否定したという。

【関連記事】
6カ月長男虐待 祖母のフォローで事件発覚
0歳長男の頭を蛇口にぶつける 虐待容疑で父親逮捕 
「子供を愛せない」日本の病
息子の目は鬼でも見るかのようだった…止まらぬ虐待
真冬に姉妹全員オムツ姿 寝屋川女児虐待死で逮捕の両親、育児放棄か
外国人地方参政権問題に一石

税理士ら4人に課徴金=TOB情報でインサイダー−金融庁(時事通信)
<千葉県市川市>大学新卒枠復活へ、学歴・年齢不問枠と併用(毎日新聞)
<踏切事故>盗難バイクと電車衝突 警察に追われ…四日市(毎日新聞)
「5月末決着」こだわる首相、真意いぶかる声も(読売新聞)
<事業仕分け>独法、57の研究系を整理統合 人件費削減へ(毎日新聞)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-04-19 18:56
 欧州各国が中国に「目覚め」ている。ただし、「目覚め」は、まったく正反対のベクトルを描く2本の潮流で形成されている。「武器市場としての価値」と「中国への警戒」である。いずれにしても、米国の軍事力抜きに語れない。米軍基地移設問題の迷走で、日米軍事同盟が変質しかねない危機を迎える現在、日米の対中国戦略は欧州も巻き込み、これまで以上に複雑な様相を見せ始めている。

 EU(欧州連合)議長国スペインのモラティノス外相は1月、EUが1989年の天安門事件以来継続中の、対中武器禁輸措置に関する解除を「支持する」と表明。議長国としてEU加盟国に「解除検討」を働きかける姿勢を明確にした。外相は「中国は、世界で新たな役割を果たしており、対中関係を最善のものにする必要があるのは明らか。解除検討の時期に来ている」と指摘した。スペインは世界第8位の武器輸出国だ。

 ≪武器市場としての価値≫

 EU内では2003年以来、フランスのシラク大統領(当時)を中心に「解除要求」が出ていた。続くサルコジ現大統領は08年12月、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世と会談したため中仏関係がいったん、急速に冷え込んだ。ところがサルコジ氏は09年4月「一つの中国政策の堅持」や「チベットが中国不可分の領土」で「独立も支持しない」方針を表明したことで関係修復にこぎ着けた。

 そもそも、天安門事件前は中国への武器輸出国であったフランスは禁輸期間中の1992年、約7260億円でミラージュ戦闘機と中・短距離射程ミサイルを、この時は台湾に売却。操縦士訓練などを続け、2001年にはミラージュ58機の実戦配備を達成している。中台の軍事バランスや、日本経済の命運を握る台湾海峡の緊張など念頭にないのだ。

 欧州では少数民族や宗教・文化への弾圧を強行する中国への懸念が強い上、中国の異常な軍事拡大を警戒する日米が強硬に反対したことから、EUとしての解除決定は先送りされてきた。だが、世界規模の金融・経済危機の下、フランス・スペインならずとも中国市場は大いなる魅力。スイスなど永世中立国も国際市場で大きなシェアを占める武器輸出国で、EUが禁輸を続けたとしても「先手」を打って売却する可能性も否定できない。欧州の足元を見透かすように、中国外交部は1月の定例会見で揺さぶりをかけている。

 「禁止措置は事実上、中国への政治的差別であり、世界の潮流や中国とEUの包括的戦略パートナーシップの発展と相反する。中国の解禁要求は、中国への政治的差別を撤廃し、権利を守ることが目的。EUが可及的速やかに政治決断を下し、直ちに、無条件で、徹底的に、禁輸を解除し、中国との健全な発展における障害を取り除くことを希望する」

 ≪浮上する警戒論≫

 一方、わが国からみれば危険この上ないこうした潮流に対し、欧州でも安全保障の専門家を中心に「警戒論」は浮上している。例えば、RUSI(英王立統合軍防衛安保問題研究所)機関誌に昨秋掲載された論文に関係者は強く注目した。

 いわく−

 《中国の軍事的台頭により、東アジアで安保上の事態が発生した場合、在欧米軍が必然的に東アジアへ投射される事態を招く》

 そうすると−

 《NATO(北大西洋条約機構)の再編成・配備が必要となる。それに伴い、現在でも過剰負担であるアフガニスタン派兵を含む、NATO内の負担分担の変更も迫られる》 

 《在欧米軍縮小で、欧州戦略バランスに大きな影響が生ずる》

 背景には、東アジアで武力紛争が勃発(ぼっぱつ)すれば、アフガン戦略のみならず、NATO自体の将来戦略もまた、練り直しを迫られるとの危機感がある。実際、ドイツの与党、キリスト教民主同盟はアジアを「独外交・安保政策の戦略的難題」と位置付けている。

 ただし、フランスの戦略は依然として見えない。仏国防白書(08年)は「世界戦略の重心は『アジア』に移っており、『アジア』での武力紛争予防が中心課題」との分析を示してもいるのだが…。 

 もっとも、欧州で「アジア」というとインド・パキスタンなど南アジアを指すことが多く、日本は「極東」と認識されている現実があるので要注意だ。欧州にとり「辺境の地」である「極東」を一刻も早く欧州列強の安保戦略地図に載せるよう、日本政府は全力を尽くさねばならない。

【関連:野口裕之の安全保障読本】
数字に込められた戦略上の意味
最高指揮官の敵前逃亡 鳩山氏は「民主党最後の宰相」に
中国の「トロール漁船」を警戒せよ
米空母が引き揚げる日
陛下にまつわる不思議なお写真

沖縄返還文書訴訟 岡田外相「控訴の可能性」(毎日新聞)
残業代を有給休暇で「代替」 改正労基法施行で新制度(J-CASTニュース)
<新車購入>「ネットでOK」普及進まず 折半に自治体不満(毎日新聞)
◆PINS FACTORY(ピンズファクトリー)◆あなたの町のピンズ実例紹介【山梨県】財団法人キープ協会 様 「ポール・ラッシュ祭ピンズ」 株式会社デザインアンドデベロップメント
雑記帳 鉄腕アトムが小学校入学式 「特別児童」に任命(毎日新聞)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-04-12 18:46
 東京ではこの2、3日、温度が上昇し、上野公園や代々木公園などの桜の名所では、花見客が陣取って、早くも酒盛りが始まっているが、AP通信やロイター通信は花見客でごった返す様子を写真付きで配信している。

 ロイター通信は「春がきて、日本人の桜好きに拍車がかかっている」と報じて、毎年、春になると、肌寒いうちからブルーシートを敷き陣取りをして、たくさんの人々がコートを着て、酒盛りをするというおなじみの風景がいたるところでみられると伝え、「桜に取りつかれた日本人」と面白おかしく皮肉っている。

 また、中国の英字紙「チャイナデーリー」(電子版)も花見の記事を掲載し、「桜は短かい期間に咲いて、すぐに散る。これはドラマチックで、日本人の気質に合っている。私もこの期間、酒を飲んで桜を愛でるのが好きだ」との65歳の男性の話を引用して、“日本人気質”を紹介している。

【関連記事】
思わぬ春の寒波、恵みの雪にスキー場再開検討 桜の名所は困惑
京都で季節外れの雪 桜との共演を堪能
“花見商戦”異状あり 「室内型」「アレンジ型」増加?
花見シーズン到来…でも、桜の下でドンチャン騒ぎはもう古い!? 
“カクテルの街”宇都宮 春にはこんなカクテルはいかが
あれから、15年 地下鉄サリン事件

日米密約 「説明受けた」中曽根元首相、認める(毎日新聞)
<若林議員辞職>「なぜ押したのか」 首ひねる閣僚たち(毎日新聞)
飲酒運転3人死傷、車の所有者を書類送検(読売新聞)
舞鶴発電所死傷事故で2人起訴=1人は不起訴−京都地検(時事通信)
<豪華客船>サン・プリンセスを報道陣に公開(毎日新聞)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-04-07 15:39
 コンビニエンスストアから現金を奪ったとして、警視庁中央署は、強盗の疑いで、米国籍の自称ビジネスコンサルタント、マッキース・ロバート・ブルース容疑者(41)=東京都中央区湊=を逮捕した。同署によると、マッキース容疑者は日本人の妻に付き添われて出頭し、「生活費がほしくてやった」と容疑を認めている。

 同署管内で昨年10月に起きたコンビニ強盗未遂事件の容疑者とマッキース容疑者の特徴が似ていることから、同署が関連を調べている。

 逮捕容疑は、27日午後8時40分ごろ、同区新川の「am/pm新川2丁目店」で、レジ内にいたアルバイト店員の女性(28)に包丁を突きつけて「レジ、オープン」などと言って脅し、売上金13万7千円を奪ったとしている。女性にけがはなかった。

 同署によると、マッキース容疑者は奪った金を持っていたポリ袋に入れて逃走したが、同日午後11時過ぎに出頭してきたという。

 マッキース容疑者は約6年前に結婚したのを機に、日本に定住。エンジニアとして働いていたが、勤務先が倒産したため、現在は週に1回、自宅で英語を教えていた。収入は月2、3万円程度だったという。

【関連記事】
聞かなければ… 米コンビニ強盗、警官に道尋ね
カラーボール塗料付着の男を逮捕 コンビニ強盗に関与か
ファミマ狙い?未明、また和歌山でコンビニ強盗
たばこも要求、コンビニ強盗が現金と3カートン奪う 和歌山
コンビニ強盗未遂で男子高校生ら2人逮捕 大阪
あれから、15年 地下鉄サリン事件

JR西歴代3社長の「起訴議決」…福知山線事故(読売新聞)
<小沢幹事長>副幹事長職を慰留、生方氏が了承(毎日新聞)
呼吸ケアチームの認定看護師、「集中ケア」分野など想定(医療介護CBニュース)
“実践”訓練に緊張感 吹田・JR西「実習線」(産経新聞)
岩手・宮城で被害61億円 チリ大地震「襲来」1カ月(河北新報)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-04-02 15:09