モバイルでペットを飼ってるひと


by fdklskmfbz

<   2010年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 将棋の羽生善治4冠(王将、名人、棋聖、王座)に久保利明棋王が挑戦する第59期王将戦7番勝負の第2局が、28日から栃木県大田原市のホテル花月で行われ、29日午後7時16分、123手で先手の羽生が勝ち、1勝1敗とした。持ち時間各8時間のうち、残りは羽生、久保ともに1分。第3局は2月10、11の両日、静岡県掛川市の二の丸茶室で行われる。 

【関連ニュース】
久保が先勝=将棋王将戦
渡辺が6連覇=将棋竜王戦
渡辺が3連勝=将棋竜王戦
渡辺が2連勝=将棋竜王戦
渡辺が先勝=将棋竜王戦

<菅副総理>林前経財相の質問にタジタジ 参院予算委(毎日新聞)
<商標>「中原中也」の出願拒否 特許庁(毎日新聞)
首相の判断に影響と民主=現行案、自民も困難視(時事通信)
死因究明研究会、29日から=制度のあり方を議論−警察庁(時事通信)
街頭に防犯カメラ設置=東京・秋葉原の町会−無差別殺傷事件受け(時事通信)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-01-30 13:39
 昭和の邦画史上に一時代を築いた成人映画シリーズ「日活ロマンポルノ」。おじさん世代の青春をピンク色に彩った一連の名画が、平成の時代になって、若い女性たちの関心を引きつけているらしい。静かなブームを背景に、過去の名作をアレンジした「平成版ロマンポルノ」も近く公開予定。いまどきの女子に「昭和のエロス」が受ける理由とは…?

 「色情姉妹」「大人のオモチャ ダッチワイフ・レポート」−。扇情的かつ直球勝負のタイトルがプログラムに並ぶ。1月中旬、東京・渋谷の名画座「シネマヴェーラ渋谷」。ロマンポルノを支えた監督の1人、曽根中生(ちゅうせい)の特集上映だ。

 午後7時スタートの回で、客席には約60人。往年を懐かしむ中高年男性は少数派で、むしろ若い世代が多い。女性は十数人ほど。グループやカップルより、1人の姿が目立つ。

 「色情姉妹」は、すさみ切った家庭に育つ3姉妹の奔放な性やたくましい生き方を描いた作品。「大人の〜」は、高性能ダッチワイフの製作に情熱を燃やす医師をめぐるコミカルな一品だ。

 10分に一度、必ず挿入される「カラミ」のシーンもさることながら、独特のストーリーに引き込まれる。特に後者はシュールで予測不能の展開に、館内は爆笑の連続だった。

 女性客に感想を聞いてみた。

 「突っ込みどころ満載で面白かった。ポルノといっても、今時の映画のラブシーンで普通にやってる程度で、あまり気にならなかった」と話すのは、見た目今風の女子大学生(22)。また、ロマンポルノは何作も見ているという女性会社員(33)は「『エロ面白い』というか、B級映画的な魅力がある。若い人はみんな、そういう見方で楽しんでいるのでは」という。

 昭和後期の20年足らずの間に1100本余りが製作されたロマンポルノ。「10分に一度のカラミがあれば、あとは何でもあり」の自由さから若い才能の登竜門となり、「おくりびと」でアカデミー賞を受賞した滝田洋二郎氏をはじめ、周防正行、相米慎二の各氏ら、幾多の名監督を送り出している。

 また、「蒲田行進曲」などで知られる風間杜夫氏や美保純さん、宮下順子さんら、名優も輩出している。

 シネマヴェーラ館主、内藤篤さん(51)も後期のロマンポルノを同時代で体験した世代。「サスペンスも時代劇もコメディーもあり、すべてのジャンルを飲み込んでいる。作り手のにおいが濃厚に出る」と魅力を語る。同館は、3月にもロマンポルノ計26作品を特集する予定だ。

 内藤さんによると、ロマンポルノ上映では、確かに女性客が増える傾向があるという。「普段は(女性客は)1割くらいだが、2割くらいになる印象がありますね」。

 東京都杉並区の「ラピュタ阿佐ケ谷」も、ロマンポルノ上映で知られる映画館だ。普段は男性客が多いというが、ここ数年で催したロマンポルノ特集では、ほぼ半数が若い女性だったという。

 同館支配人の石井紫(ゆかり)さん(30)は「男性は昔見ていた世代の人が多いが、女性は若い人が中心。私たちよりも、むしろお客さんの方が驚いていたのでは」と話す。

 なぜ今になって、女性にロマンポルノが受けているのだろうか。

 ロマンポルノに詳しい映画ライター、真魚(まな)八重子さんは「当時から純粋に一映画として非常に高評価の作品はあったが、女性には敷居が高かった。閉ざされていたところに何か面白いものがあるらしい、となれば、好奇心がわくのは当然」と話す。

 名画座での上映や、DVDがレンタル店で一般作扱いされるなど、女性が手に取りやすい環境が整ったことが大きく、再評価の動きはかなり以前からあったという。また、インターネットの普及で口コミ的な評判が広がり、ロマンポルノに興味を持つ女性も多いとか。

 真魚さんは「主人公は女性が多く、本来は女性にとって大事な分野の映画。主人公と自分を重ね合わせたり、反発したり、感情が揺り動かされる魅力がある」。大阪の労働者の街に生きる売春婦を描いた「(秘)色情めす市場」が真魚さんの一押し作品だ。「分野を超えて、人に影響を与える傑作」と絶賛する。

 ラピュタ支配人の石井さんは、一般映画としての魅力に加え、「女性でも、ちょっとエロは見てみたい、という好奇心はあるでしょうし」。同じ「エロ」で共通する1960年代のピンク映画を特集した際も、やはり女性客が多かったという。

 もっとも、ロマンポルノの上映環境はなかなか厳しいようだ。都内ではシネマヴェーラとラピュタのほかは、新橋や浅草などの昔ながらのピンク映画館で、細々と上映されている程度だ。しかも、“受け”はいまいちだという。

 配給会社「新日本映像」の稲山悌二社長は「エロが見たいなら今時、他に手段はいっぱいある。『まどろっこしいのは抜きで、早くカラミを見せろ』という声が多くて…」と苦笑する。

 同社は昨年、約400本あったロマンポルノのフィルムの約半数を廃棄した。「年々引き合いが減っているうえ、劣化で上映に耐えなくなったから」(同社)という。

 ネガはあるので再プリントはできるが、相応の費用が必要。「映画ファン全体から見れば、一部の人しか喜んでみていないということでしょうが…。何とも、もったいない話」(内藤さん)と、惜しむ声も多い。

 一方で、明るい話題もある。22年ぶりのロマンポルノ“新作”が、2月にお目見えするのだ。

 ロマンポルノ第一作「団地妻 昼下がりの情事」と、人気歌手の衝撃的なポルノ転身で注目された「後ろから前から」。この名作2本を、「ロマンポルノ・RETURNS」と銘打ち、同タイトルながら現代風にアレンジして新たに撮り直した。

 「団地妻」は、団地を舞台にした主婦とセールスマンの危険な愛をめぐる物語。「後ろから〜」は、オリジナルの暴走族から、タクシー運転手に主人公の設定を移した。劇場では、2作とも東京・渋谷の単館映画館「ユーロスペース」で公開される予定だ。

 日活の担当者は「現代は過激でわかりやすい性表現があふれているが、あえてこの時代に『エロ』ではなく『エロス』を提示した。五感や想像力を駆使して、ロマンポルノならではの物語を存分に味わってほしい。女性や若い人にも、気軽に見に来てもらえれば」と話している。

【関連記事】
ギャラ高い? 復活ロマンポルノ低予算でも1500万円
ジュニアアイドルが衝撃実態激白、アレがバレた瞬間…
にっかつロマンポルノが“復活” 22年ぶり、2作品を公開
「神代監督の世界知って」ロマンポルノ名作など出身地佐賀の映画館が特集
「ロマンポルノと実録やくざ映画」樋口尚文著

子ども手当、養護施設入所者にも支給(読売新聞)
小沢氏会見 会場で配布された資料「経緯の説明」全文(産経新聞)
小沢氏、多忙なのに碁… 一変「聴取日」指定(産経新聞)
押尾容疑者を保護責任者遺棄致死罪で起訴(産経新聞)
<漁船沈没>引き揚げ調査始まる 長崎・五島列島沖(毎日新聞)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-01-29 01:08
 少年院の処遇について検討する「少年矯正を考える有識者会議」の初会合が26日、東京都内で開かれた。昨年、広島少年院で起きた収容少年への暴行・虐待事件を受け、少年院の運営透明化や少年院法改正の必要性などについて約1年かけて議論する。

 会議では加藤公一副法相が千葉景子法相のあいさつを代読。「事件の背景には、少年院が社会に閉鎖的になりやすいことがある。施設運営の透明性を高めて可能な限り社会とのつながりを強めることが重要」と述べた。

 委員は漫画「家栽の人」原作者でルポライターの毛利甚八さんや学者、弁護士、医師ら11人。「職員の育成が必要」「社会変化とともに少年も変わりつつあり、教育体制を見直すべきだ」などの意見が出された。

【関連ニュース】
ものがたり’09冬:少年院経験の保護司 社会復帰の12人雇用
日曜ひろば:北陸唯一の少年院・湖南学院院長、森伸子さん /石川

<東名阪死亡事故>過労運転させた疑い 運行責任者ら送検(毎日新聞)
陸山会土地購入 小沢氏説明なお疑問 原資、供述食い違い(毎日新聞)
警視庁警部が痴漢=電車内で、停職(時事通信)
産科補償制度で原因分析を開始(医療介護CBニュース)
参院代表質問 戦って発言、検察への影響ない 鳩山首相(毎日新聞)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-01-27 19:08
 「40万あれば大丈夫だろ。これに10万ふかせて、50万の見積もりを出してくれ。ここから10万、オレに回してくれ」−。柏崎市建築住宅課係長だった男性被告(50)=懲戒免職=は、こう言って、取引業者に同市に対して水増し請求をさせたという。

 男性被告は、柏崎市が発注した市の診療所の医師住宅増築に付随する塀増設工事をめぐり、業者に代金を水増した見積書を提出させ、工事代金の一部をだまし取ったとして詐欺罪に問われた。18日、新潟地裁(谷田好史裁判官)で開かれた初公判で明らかになったのは、市の建設工事発注で大きな権限を握っていた被告と業者との呆れた癒着関係、それをチェックできなかった行政の甘さ、詐欺の発端となった工事の背景にある地域医療の課題といった地方行政の「歪み」だった。


 検察側の冒頭陳述などによると、被告は平成18年3月下旬、柏崎市の工務店専務に、自分の取り分として10万円を水増しした見積書を作成するように指示し、市から約50万円をだまし取った。

 もともと建築業界で働き、一級建築士の資格を持っていたこともあって、平成6年に柏崎市に建築のスペシャリストとして柏崎市に中途採用された。庁舎の屋上防水工事や、中学校のプール改装工事の監督員も務めた。ところが、12年ごろから妻との関係がうまくいかなくなって家に帰るのがいやになり、足しげくパチンコに通うようになった。13年ごろには消費者金融からの借金が500万円を超え、返済のために不正に手を染めたようだ。

 入札工事の予定価格を教える見返りに複数の業者から“借金”。被告も「10回くらい借りた」と認めており、合計約400万円に達した。

 今回の事件の発端である医師住宅増築工事の入札のとき、被告は「オレは560から570万を切るくらいだと思うよ…」とつぶやいて、水増しに加担した業者に入札価格を漏洩。塀工事に関する50万円の水増しの見積もりを作る際も、業者の専務は社員に「10万円水増しするっていう意味、分かるよね」と念を押したという。その一言で社員が「10万円は被告へのキックバックだ」と理解する阿吽(あうん)の呼吸だった。

 なぜ、こんな不正を未然に防止することができなかったのか。

 事件になった医師住宅の工事を管轄したのは市の国保医療課。塀増設は診療所の医師の妻からの強い要望によるもので、つなぎ止めのために、同課は医師側の要望にはできるだけ応えるようにしていたらしい。ただ、同課には建築工事の見積もりを出せる職員がいなかったため、被告が独占的に積算。同課には、その見積もりが適性かどうかをチェックする態勢がなかった。

 形式上のチェック態勢はある。市の規定では、競争入札による工事に付随する追加工事は、130万円までなら随意契約で発注できるという。しかし、その際は3社から見積もりを提出させ、最も安価な業者に発注する。このため、本来なら水増しされて割高な見積もりが採用されるはずがないのだが…。なんと、他の2社分の見積もりは、随意契約を請け負った当の業者が偽造したものだった。


 検察側は「公務員の職務犯罪行為で、社会に与えた影響は甚大。同情すべき情状もない」として、懲役1年6カ月の実刑を求めた。これに対し、弁護側は「もともと医師住宅の建設工事には750万円が計上されており、約50万円余っていた。被告はその余りの範囲内で水増し請求をしたにすぎない。予算を使い切りたい行政慣行があったため、水増しに手を染めた」と主張して情状酌量を求めているが…。

 判決は1月25日に言い渡される。

【関連記事】
工事代金を水増し請求 新潟・柏崎市係長を詐欺罪で起訴
広島ガス子会社の元課長ら5人を詐欺容疑で逮捕
NHK関連会社が補助金4400万円を不正受給 会計検査院が指摘
名古屋の建設会社が2億9千万円所得隠し 工事代金を水増し請求
庄原市の元水道課技師、工事代金詐取で有罪 広島地裁

<雑記帳>IRISのロケ地・横手のかまくら、ソウルに出現(毎日新聞)
「大声うるさい」81歳妻が89歳夫を刺殺未遂(読売新聞)
人間ドック、60歳過ぎたら年1回受診を 健保組合の補助ある場合も(産経新聞)
車輪の格納扉開く、ボンバル機が伊丹に引き返し(読売新聞)
党首直接対決 重い空気漂う 執拗な谷垣氏 耐え忍ぶ首相(産経新聞)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-01-26 05:05
 22日午前7時25分ごろ、京都府精華町祝園のJR片町線祝園駅そばにある踏切の遮断棒が折れているのを同駅員が発見した。また、約15分後には、大阪府大東市深野の同線野崎−住道間の踏切でも遮断棒が降りたままになるトラブルがあった。このためJR西日本によると、上下計19本が運休、20本が最大18分遅れ、約3万2千人に影響した。

【関連記事】
遮断棒折れ2万人影響 京都のJR東海道線
遮断棒折れ、2.5万人影響 JR阪和線
JR阪和線、遮断棒折れ2万人超に影響
大阪のJR線、またまた遮断棒折れ遅れ4万人影響
踏切の遮断棒折れ7000人に影響 大阪・高槻のJR東海道線

融資名目、2億5000万詐取 容疑の東電元幹部ら逮捕へ(産経新聞)
バイク同士接触、小学教諭死亡 大阪・鶴見(産経新聞)
なた突きつけコンビニ強盗、数万円奪う…山梨(読売新聞)
ゲーム喫茶60万円強盗、3容疑者逮捕 車ナンバーでアシ(産経新聞)
節分の縁起物 くま手づくり最盛期 愛知・西尾の勝山寺(毎日新聞)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-01-25 10:34
 平野博文官房長官は21日午後の衆院予算委員会で、天皇陛下の公的行為の範囲について「政府としての統一見解を出す」と表明した。自民党の谷垣禎一総裁への答弁。
 平野氏はこの後の記者会見で「統一的にやるのは非常に難しいが、できるだけ早くしないといけない」と述べた。
 天皇の国事行為について、憲法は、首相の任命、憲法改正や法律の公布、外国大使らの接受などを定めている。公的行為は、憲法に明文化されていないが、親善目的の外国要人との会見が含まれるとの解釈が一般的だ。鳩山由紀夫首相は予算委で「外国の元首との会見は公的な行為だ」と述べた。 

鮒市 1日限りの市に掛け声響く 佐賀・鹿島(毎日新聞)
【鉄道ファン必見】引退の花道、デハ702「さよなら運転」 銚子電鉄(産経新聞)
ビル陰対策が課題=地デジ完全移行まで1年半(時事通信)
電子書籍、iPhoneで読めます モリサワが携帯向け閲覧ソフト(産経新聞)
女性引きずり死なす 大阪狭山の飲酒事故(産経新聞)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-01-23 16:25
 喫煙者の間でも、分煙に関する認識はかなり定着したようだ。非喫煙者に迷惑をかけないように、許された場所以外では吸わないというスタイルが、喫煙マナーの基本となっている。

 日本では、平成15年5月施行の健康増進法に、受動喫煙の防止が盛り込まれた。多数の人が利用する施設の管理者は「必要な措置を講ずるように努めなければならない」と定められ、都道府県知事らにあてた厚生労働省健康局長名の15年4月末の通知で、具体的方法として全面禁煙や分煙を採用するよう求めている。

 産業医科大学(北九州市)産業生態科学研究所の大和浩教授がまとめた調査によると、都道府県の庁舎内を禁煙にしている自治体は、15年5月からの佐賀をはじめ、21年3月末現在で17道府県。うち大阪府では、20年5月末から、敷地内での全面禁煙に踏み切った。

 大阪府では15年5月以降、分煙を行っていたが、橋下徹知事が20年3月に「税金をもらっている職員が(勤務時間中の庁舎外喫煙を)1日に何度もやっていては、府民の理解は得られない」と問題提起し、流れが一気に加速した。

 「最初のころは『せめて庁舎の外には灰皿を置いて』という職員もいました」と府企画厚生課。府では健康面への配慮に加え、職員が勤務時間中に屋外で何人も固まってたばこを吸っている姿が府民にどう映るかということも考慮し、押し通したという。「当初は来庁者の方からも『何で吸えへんの』という問い合わせがありましたが、最近ではほとんどなくなりました」

 同課によると、毎年夏の健康診断に合わせて行う喫煙率調査では男性職員で全面禁煙実施前の19年度が33・5%だったのに対し、21年度は28・2%に減った。「全面禁煙前に比べて減少幅は大きくなった。さらに職員の禁煙促進につながれば」と同課。

 ただ、たばこを吸う職員にとっては、非常につらい環境のよう。外出が許される昼休みの時間帯、近くの大阪城公園やコンビニ前などで“まとめ吸い”する職員もいて、府民に見とがめられることもあるという。

 ある喫煙者の職員が、あきらめ顔でつぶやいた。「時代の流れやからやむを得んけど、住みにくい世の中になりました」(U)

コンピューターに過大な負荷=210便に影響−管制一元化の羽田システム障害(時事通信)
再診料引き下げ阻止などを小沢幹事長に提言―民主議連(医療介護CBニュース)
「認識」証明なら議員辞職=母親からの資金提供−鳩山首相(時事通信)
衆院予算委、きょうから本格論戦 自民、審議応じ「ゆっくり追及」(産経新聞)
小沢氏の説明不十分、対応は擁護…鳩山首相(読売新聞)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-01-22 23:04
政府税制調査会は18日、年明け初の全体会合を開き、ガソリン価格が高騰し、3か月連続して1リットル当たり160円を超えた場合、従来の暫定税率相当分(1リットル当たり約25円)の課税を停止することを決めた。逆に3か月連続して130円を下回った場合には元の税率を復活させる。

ガソリン高騰時の課税停止措置は、2009年末に民主党が政府に提出した重点要望で、暫定税率の実質維持とともに盛り込まれていたもの。

軽油についてもガソリンの課税停止措置と連動して軽油引取税暫定税率相当分の課税を停止する。

発動基準である160円は、ガソリンが高騰した2008年度上半期の平均価格(167.1円)を参考にし、税率を復活させる基準である130円は、直近6か月(2009年6 - 11月)の平均価格(126.3円)から決めた。

指標となるガソリン価格は、総務省小売物価統計調査による県庁所在市及び人口15万人以上の小売価格の平均を採用する。

なお、発動・解除の際、ガソリンスタンドでの混乱を回避するため、在庫分の税の控除(還付)・課税を行う。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
【井元康一郎のビフォーアフター】暫定税率をめぐる、自動車業界の“エコ”と“エゴ”
暫定税率水準の維持「国民に謝りたい」…松木けんこう議員
レギュラーガソリン125.9円…約4か月ぶりの値上がり
暫定税率 特別編集
燃費 特別編集

<最高裁>「公平、誠実に職責果たす」…白木判事が抱負(毎日新聞)
志望校を外さない! 余部鉄橋「合格ナット」発売 兵庫・香美(産経新聞)
実り多い年願う 梅に稲穂の簪(産経新聞)
派遣村 閉所 利用者の自立への道本格化へ(毎日新聞)
<阪神大震災>発生から15年の朝 さまざまに鎮魂の祈り(毎日新聞)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-01-22 01:47
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入事件で、東京地検特捜部が石川知裕衆院議員を逮捕した15日夜、鳩山由紀夫首相は公邸にこもった。官邸でも首相秘書官らが姿を見せることはなく、ひっそりとしたままだった。
 首相は同日午後7時前に公式日程を終え、官邸を出て、隣接する公邸に戻った。その後は来客もなく、表だった動きは見せなかった。
 一方、平野博文官房長官は、石川議員逮捕の直前、待ち構える記者団を避けるように、裏口から都内の議員宿舎に帰宅した。逮捕後、記者団の求めに応じ、書面で「突然のことでびっくりしている。状況が分からないので、推移を見守るしかない」とのコメントを発表した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

小沢氏らの議員辞職勧告決議案提出も検討 自民・大島幹事長(産経新聞)
民主党大会が開幕へ=事件から一夜、首相あいさつへ(時事通信)
皇太子ご夫妻、兵庫県入り(時事通信)
<将棋>久保が羽生破る 王将戦第1局(毎日新聞)
小沢幹事長、民主党大会で検察と対決宣言(レスポンス)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-01-21 09:14
 □秘書接待漬けと“実弾”攻勢

 「自民党衆院議員の○○は業者と癒着している! 建設利権だ! 汚職だ!」

 平成15年、民主党幹事長、小沢一郎(67)の地元、岩手県奥州市で基礎工事が始まった胆沢(いさわ)ダム周辺で、こうがなり立てていたのは右翼の街宣車だった。

 右翼に街宣行動を依頼したのは重機土木大手「水谷建設」(三重県)の関係者だったという。水谷の別の関係者はその理由について「東北地方選出の自民党議員が、水谷と対立する業者を推していて、胆沢ダム工事の受注を目指していた水谷の邪魔になったからだ」と証言する。

 胆沢ダムとは、岩石や土砂を積み上げて造る国内最大級のロックフィルダムだ。発注者は国土交通省東北地方整備局で、総事業費は2440億円にも上る屈指の大型公共工事である。

 土木建設業界では有名な胆沢ダムも世間一般には知名度が低かったが、昨年3月に小沢の公設第1秘書、大久保隆規(48)=公判中=が逮捕、起訴された準大手ゼネコン「西松建設」(東京都)をめぐる違法献金事件で一躍注目を集めた。

 西松を含む多数のゼネコンの営業担当者が、東京地検特捜部に対し、小沢事務所が岩手・秋田両県を中心とした東北地方の公共工事に強い影響力を持っていたと証言。胆沢ダム工事でもゼネコン間の談合で受注業者が決められ、小沢事務所が受注に了解を与える「天の声」を出していた疑いが浮かんだからだ。

 冒頭の街宣攻撃は工事受注のためには「なりふり構わぬ」水谷の営業スタイルの一例にすぎない。水谷関係者は「水谷の手口は議員秘書を接待漬けにして実弾(裏金)攻撃することだ」と明かす。

 ■「イタリア旅行」

 「今日は大久保さんと一緒だから、○○ちゃんと生バンドの確保頼むよ」

 街宣攻撃と同じ15年、水谷の当時の幹部は東京・向島の高級料亭のコンパニオンに頻繁に連絡を入れていた。

 料亭関係者によると、「○○ちゃん」とは、大久保がお気に入りだった「半玉(はんぎょく)」と呼ばれる芸者見習いの若い女性。大久保はいつもこの女性の手を握り、女性が灰皿を交換しようとすると「○○殿はそんなことしなくていいんだよ」と語りかけていたという。

 生バンドの演奏が始まると、大久保と女性はチークダンスを踊った。女性は大久保のことを「おーさん」と呼び、周囲に「おーさんにイタリア旅行に誘われた。おーさんの言うイタリアは岩手県のことだけどね」と話していたという。

 1回の代金は30万円程度という水谷の料亭接待は10回以上に及び、大久保の部下だった民主党衆院議員の石川知裕(36)が同席することもあったという。

 ■風俗店と小遣い

 ゼネコン関係者によると、下請けが大型公共工事を受注しようとする際の営業活動は元請けのゼネコンに対してで、水谷もゼネコンへの営業を済ませ、胆沢ダム工事を受注できると見込んでいたという。

 しかし、談合を仕切っていた大手ゼネコン「鹿島」の東北支店元幹部から「小沢事務所に『違う業者にしろ』といわれるかもしれない。あいさつに行った方がいい」と言われ、小沢事務所を訪れたところ、大久保に「来るのが遅い」と言われたのだという。

 実は水谷と小沢事務所は以前から接点があり、水谷元会長の水谷功(64)が、古くから小沢の「金庫番」だった元秘書と知り合いで、胆沢ダムの受注を依頼していたとされる。ところが、12年に元秘書から大久保に引き継がれたため、小沢事務所とのパイプが途絶えていたのだった。

 「工事落札の時期に1億円持ってくるように」

 関係者によれば、功や元幹部らは特捜部の任意聴取に次のように供述した。

 接待を重ねるうち、当時の水谷幹部は大久保からこう言われ、16年10月に東京都内のホテルで石川に5千万円、17年4月にも大久保に5千万円を渡した−。

 特捜部は、この裏献金が陸山会の政治資金収支報告書に記載されていない土地代金の原資4億円の一部になった疑いがあるとみているのだ。

 「天の声」を期待した接待漬けと“実弾”攻撃。石川は小沢支援者である都内の水産業者からも風俗店での接待を受け、毎回10万円の小遣いをもらっていたという。関係者によると、水産業者は「取引会社を紹介してほしい思惑があったが、石川には見事にたかられた」と話しているという。

 元国会議員秘書は話す。「議員の威光で秘書が特定業者から派手に接待を受けるのは、目立つから絶対やってはいけないこと。大久保も石川も脇が甘すぎた」(敬称略)

「俺は暴力団ナンバー2」女性を脅して乱暴 容疑のアルバイト男逮捕 (産経新聞)
JAL「格安航空」に進出 再生支援機構が検討(J-CASTニュース)
桜井茶臼山古墳 発掘成果紹介の速報展始まる(毎日新聞)
<鳩山首相>米議員が書簡「海兵隊グアム移転着実に」(毎日新聞)
エスカレーター事故 中学生8人転倒し負傷 NHK名古屋(毎日新聞)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-01-20 11:09