モバイルでペットを飼ってるひと


by fdklskmfbz

カテゴリ:未分類( 73 )

 鳩山由紀夫首相は4日の参院予算委員会で、北海道教職員組合の違法献金事件を巡り、陣営から逮捕者を出した民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)の国会の政治倫理審査会出席について「本人の意思が一番重要だが、確認は私からできる」と述べ、小林氏に政倫審出席の意思確認を行う考えを示した。

 政治資金規正法改正に向けた与野党協議に関しては、「根っこを絶つことと(政治家)本人の責任をもっと明確にすることをどう担保するか。この2点を中心に議論をしてほしい」と強調した。企業・団体献金の禁止だけでなく、政治資金を管理する秘書や会計責任者に対する政治家の監督責任の強化にも取り組む考えを示した。白浜一良氏(公明)の質問に答えた。

 鳩山首相は「中小企業を中心に仕事する担当(大臣)をさらに検討している。中小企業支援会議というものを作りたい」とも語った。桜井充氏(民主)への答弁。【野原大輔】

【関連ニュース】
鳩山首相:官房機密費の透明化図りたい 参院予算委で答弁
チリ大地震:鳩山首相が哀悼の意 大統領と電話で協議
参院予算委:小林議員辞職要求に首相「本人の意思の問題」
3閣僚遅刻:鳩山首相「緊張感足りない」
鳩山首相:「小沢氏と説明責任で合意」予算審議で明かす

<訃報>高橋進さん61歳=東京大教授、国際政治史(毎日新聞)
<自民党>「ベテランはTV遠慮を」中堅から不満(毎日新聞)
キャンピングカーでプチ旅行 釣りや天体観測…コスト抑え手軽に(産経新聞)
鳩山首相、自身の指導力を自賛?!「かなりハーモニーがとれてきている」(産経新聞)
通信・放送の法体系、60年ぶり見直し=放送局再編を後押しも−総務省(時事通信)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-03-09 11:25
 4日午前5時21分頃、JR横須賀線・横浜駅で人身事故が発生した。

 この影響で、横須賀線上り線は東京―久里浜駅間で運転を見合わせている。

JR運休、20万人影響 尼崎で信号機トラブル(産経新聞)
割引財源で高速道建設=使途拡大で改正法案−国交省(時事通信)
チリ巨大地震 津波「3メートル」予測 気象庁「過大だった」(産経新聞)
<津波>4万世帯以上に避難勧告など 過去に被害の和歌山(毎日新聞)
皇太子さま アフリカ2カ国訪問を前に会見(毎日新聞)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-03-08 02:26
 ■公演で延ばした摘出手術 再発…「命には限り」痛感

 俳優の佐藤B作さんが胃がんだと医師に告げられたのは、舞台の全国ツアーの直前だったという。それから半年間、病を抱えて舞台に立ち続けた。ツアー後、胃の摘出手術を受け、テレビや舞台に復帰した佐藤さんの心にあるのは、いつも上演を心待ちにする全国の観客と次の舞台。4月から始まる『無頼の女房』に向け、けいこに励んでいる。(文・牛田久美)  

 「定期検査はしておいた方がいいよ」。歌舞伎俳優、中村勘三郎さんのこの一言がきっかけでした。平成19年秋、新橋演舞場で共演したときのこと。この2年、検査をしていなかったと気付き、受診し、がんと知ったときは信じられませんでした。体力も十分でよく眠れる。その後、腫瘍(しゅよう)が消えたと言われました。

 ところが翌年2月、雪の舞う札幌まで医師が来てくださって、「すぐ手術を」とおっしゃる。腫瘍は消えていなかったのですね。でも旅公演に穴を開けるわけにいきません。脚本家、三谷幸喜君の新作は人気が高い。月会費でさまざまな作品を楽しめる演劇鑑賞会が、各地で準備をしてくれています。

 4月29日、すべての公演を終えました。翌々日の5月1日、手術。予定より多い3分の2を摘出しました。

                 □ ■ □

 実は、私は役を降りたことは一度もありませんでした。

 以前、けいこ中に舞台から落ちて救急搬送されましたが、幸い骨折をせず出演することができました。不思議なことに、1人がけがで苦しい思いをしていると団員が結束して、かえって出来が良くなっちゃう(笑い)。とにかく、手術後もすべて出るつもりでした。

 点滴から流動食になり、人間はものを食べて元気になることを実感しました。ところが、14キロ減った体重が元に戻らない。芝居は3時間、舞台の端から端まで駆ける。抱腹絶倒、スピード勝負の喜劇の面白さと自分の体力とを考え、『戸惑いの日曜日』も(主演を)断念せざるを得ませんでした。腕時計も重い状態で、情けなかったです。あれはいい芝居でした。(代役の)升毅(ますたけし)さんが懸命にやってくれてワッと観客が笑う。うれしいのと寂しいのがないまぜで、いつかまたこの役をやるぞと心に誓いました。

 三谷君も楽屋に来てくれました。彼らしいことに「升さん、B作さんよりずっといいですよ」なんて明るく笑う。そして、なんと、快気祝いにもう1本脚本を書いてくれると言う。おおお、やった、がん特需だ、なんて(笑い)。

 《朗らかに笑う佐藤さんだが、マネジャーの長谷川英子さんは「降板の説得に1カ月半かかった」とふり返る。当時を思いだすたび、佐藤さんは今も涙ぐんでいるという》

                 □ ■ □

 命は限りあることを痛感しました。昨年、再発したときも舞台が控えていました。なぜか、3年に1度の旅公演にぶつかる。こんなに一生懸命に芝居をしているのになぜでしょう。念のため、見えないがんをやっつける放射線治療は10回を超えたところで副作用で動けなくなり、治療をやめ、舞台に戻りました。一回一回の芝居に全力投球する。そしてどんなときも必ず千秋楽までやり遂げたい。

 来月からの舞台『無頼の女房』では、作家、坂口安吾さん夫婦を主人公に、生きること、小説を書くこととはどういうことなのかを演じます。どんな困難に出合っても生き続けなければいけないという話なんですね。安吾といえば堕落論ですが、再生する堕落論をやりたい。

 手術は4時間半もかかりました。芝居を続けた2カ月に広がったのでしょうか。皆さん、すぐ手術しなくてはだめですよ。え? もし2年前に戻ったら? いやあ、やっぱり舞台に…(笑い)。うーん。手術は大事です(笑い)。

                   ◇

【プロフィル】佐藤B作

 さとう・びーさく 昭和24年2月、福島県出身。県立福島高校卒業、早稲田大学商学部中退。48年、劇団東京ヴォードヴィルショー結成。ゴールデンアロー賞芸能賞、第1回喜劇人大賞特別賞など受賞多数。映画、テレビなど出演多数。4月2日からの『無頼の女房』は東京など3カ所で上演。詳細は劇団TEL03・3227・8371。

高校無償化の問い合わせ目立つ 全教の緊急電話相談(産経新聞)
「病腎移植について理解してもらいたい」病腎移植で万波医師(産経新聞)
元和歌山市長、旅田被告の実刑確定へ 獄中からトップ当選も(産経新聞)
大阪市長、小沢幹事長らに生活保護制度の抜本改正を要望(産経新聞)
介護疲れで無理心中か=80代夫婦、遺体で発見−新潟(時事通信)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-03-06 07:26
 乗客106人が犠牲になったJR福知山線脱線事故(05年4月)で、業務上過失致死傷罪に問われたJR西日本前社長の山崎正夫被告(66)の第1回公判前整理手続きが5日、神戸地裁で開かれる。被告本人の同席が可能だが、山崎被告は出席しない予定。山崎被告の弁護人によると、今回は起訴内容に対する認否までは至らないという。予見可能性の有無などが最大の争点となる公判へ向け、実質的な手続きが始まる。

 検察側は、公判で主張しようとする事件概要を記した「証明予定事実」を既に提出しており、今後、地裁に証拠調べを請求。弁護側は証明予定事実に対する求釈明をし、検察、弁護側双方で争点と証拠を絞り込む。山崎被告の弁護人は「検察から証拠開示を受けて現在、弁護方針を検討している」と話した。

 公判前整理手続きは、初公判前に裁判官の立ち会いの下、検察、弁護側双方が互いの証拠などを示して争点整理し、集中審理計画を立てる。山崎被告の裁判で行うことは昨年7月21日、神戸地裁が決定した。【吉川雄策】

【関連ニュース】
福知山線脱線事故:検察審査会、遺族から意見聴取
JR福知山線脱線:「つながり」感謝の日 負傷した大学生、イベント企画−−20日
記者の目:失敗から学び、再発防ごう 佐々木洋
福知山線脱線:JR西日本の山崎社長が辞任表明 09年7月
<写真特集>JR福知山線脱線事故

二次医療圏見直しで検討会設置へ―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
北海道・根室で30センチの第一波観測(産経新聞)
龍馬特集の観光ガイド、全国発売(読売新聞)
狼疾記
<プルサーマル発電>伊方原発3号機「臨界」に(毎日新聞)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-03-04 15:35
 「隠れてないで出てきなさい!」。大阪府警は3月1日から始める平成22年度第1回(春)警察官採用の募集に伴い、こんなキャッチフレーズのポスターを作製した。

 ポスターはコンペに出品された50作品から選ばれた。若者が就職先を模索している状態を“立てこもり”と見立て、そこから抜け出て警察官を目指してほしいとの思いが込められているという。

 募集は男性約410人、女性約50人。ポスターには「優秀な若者に告ぐ」とあるが、担当者は「能力も大事だが、何よりも志が重要。正義感とやる気のある人に来てほしい」と話している。

【関連記事】
「撮り鉄」線路立ち入り 大阪府警が実況見分
ハイテク捜査最前線 解析技術向上、情報共有も
「府民の盾になるねん」 大阪府警アメフットチーム奮闘中
大阪で「近畿の警察官」表彰式を開催
大阪府が全国初の貸金業者実態調査実施へ

生徒に「常軌逸した」暴行の法政高2教諭を懲戒解雇処分(産経新聞)
ガス田で提訴も=中国が共同開発合意破れば−平野官房長官(時事通信)
自動車用電線でカルテルか=矢崎総業などに立ち入り−公取委(時事通信)
太平洋全域に津波警報、ハワイで4・8mの恐れ(読売新聞)
大津波警報で東名高速、アクアライン一部通行止め(産経新聞)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-03-03 06:52
 22日午後4時半ごろ、宮城県名取市増田の2階建てアパート「シャトレーなとり」1階から煙が出ていると119番通報があった。名取市消防本部によると、1階の部屋にいた女児(4)と男児(2)を病院に搬送したが、2人とも心肺停止状態という。県警岩沼署によると、2人は姉弟とみられる。出火当時、母親は買い物に出ていて不在で、部屋には2人しかいなかったとみられる。【鈴木一也】

【関連ニュース】
火災:全焼、父と26歳長女?死亡 埼玉・越谷
火災:男児救出…お手柄の高校生2人に感謝状 京都府警
火災:高校生が4歳児救出 排水管から2階へ
火災:マンション1室焼き4人死傷 仙台
火災:民家全焼2人死亡 埼玉・富士見

雑記帳 「餅上げ力奉納」で新記録 京都・醍醐寺(毎日新聞)
<八ッ場ダム>自民、民主側に4925万円 受注業者が献金(毎日新聞)
岩手・久慈港また1m20、仙台でも1m(読売新聞)
温暖化対策基本法案で環境省が素案(産経新聞)
血管拡張する「大動脈瘤」 無症状ゆえに潜む危険 CT検査での早期発見が鍵(産経新聞)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-03-01 23:40
 人に感染すると致死率6割以上という強毒性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が人の季節性ウイルスと混ざり合うと、さらに強毒化する恐れのあることを東京大医科学研究所の河岡義裕教授(ウイルス学)と米などの研究チームが明らかにした。23日付の米科学アカデミー紀要(電子版)に掲載される。

 H5N1型ウイルスと季節性(H3N2型)ウイルスを使い、遺伝子のすべての組み合わせ(254通り)の作成を試みた。75種のウイルスを調べた。

 その結果、季節性の遺伝子の一つで増殖の働きを担う「PB2」を持つ22種で、それぞれのウイルスを感染させた4匹すべてが6〜12日間で死んだ。その他はH5N1型と同程度(12日後に致死率50%)か、より弱い毒性だった。【関東晋慈】

【関連ニュース】
プレパンデミック(大流行前)ワクチン
パンデミックに挑む:朴三用さん=横浜市立大准教授
パンデミックに挑む:山口照英さん=国立医薬品食品衛生研究所生物薬品部長
検疫訓練:強毒性の新型インフルエンザ想定、静岡空港で初 /静岡
新型じゃない? /京都

外国人参政権法案の政府提出は困難 原口総務相ら(産経新聞)
トラックと正面衝突、3人死亡=農園に出勤途中−脇見運転の36歳逮捕・広島県警(時事通信)
<万引き>40代女性を誤認逮捕 東京・足立(毎日新聞)
歌舞伎俳優の市村吉五郎氏死去(時事通信)
新年度から国旗常時掲揚の大阪市立学校園、30校でポールなし(産経新聞)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-02-27 23:49
 総務省が26日発表した1月の全国消費者物価指数(CPI、2005年=100)は、価格変動の大きい生鮮食品を除く総合指数が前年同月比1.3%下落の99.2だった。マイナスは11カ月連続で、デフレは長期化の様相を呈している。 

<与謝野元財務相>確定申告相談会を視察(毎日新聞)
マータイさん ショップ訪問 小田急・新宿店(毎日新聞)
ワサビの辛みで老化防止? =健康食品などに応用期待−中部大(時事通信)
再会断られ少女の自宅放火、龍谷大生を再逮捕(読売新聞)
民家火災で2人死亡=老舗うなぎ店主と長女か−埼玉(時事通信)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-02-26 10:12
 120年前に和歌山県串本町沖で沈んだトルコ軍艦「エルトゥールル」号の遺品発掘調査団は20日、明治天皇が贈ったことを示す菊の紋章入りの陶器片を発見した。

 乗組員は天皇と会見後、横浜からの帰途に台風で遭難。地元ダイバーとトルコ人でつくる調査団が、5年間の調査最終日のこの日、皇室ゆかりの遺品を初めて引き揚げた。

 見つけたのは30年以上前から遺品を探してきた同町の榎本広志さん(60)。「菊の御紋が史実を証明してくれてうれしい」と、明治天皇からの思わぬプレゼントに恐悦至極。【山本芳博】

<訃報>平野忠昭さん68歳=元宇部興産専務(毎日新聞)
教師が生徒の父に手紙で「死ね」(スポーツ報知)
鳩山首相、選択的夫婦別姓「私は賛成」(産経新聞)
<駅伝大会>走りでブルンジ難民支援 瀬古、有森さんら快走(毎日新聞)
一般サイト拡大、出会い系減少=児童の犯罪被害−警察庁(時事通信)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-02-25 05:37
 自民党は、長崎県知事選で同党支援候補が当選を確実にしたことを受け、2010年度予算案審議の拒否を含め、国会対応で強硬姿勢に転じる構えだ。ただ、党内には、夏の参院選に向けて反転の足掛かりとなることへの期待もあるものの、勝因は「政治とカネ」の問題を抱えた民主党の「敵失」として、「潮目が変わったと判断するのは早い」(幹部)との見方が強い。
 自民党の大島理森幹事長は21日夜、党本部で記者団に「あすからの(衆院)予算委員会で粛々と審議するわけにはいかない。そのような方向性をしっかり固めて戦わなければならない」と述べた。執行部は22日朝の臨時役員会で対応を決めるが、主戦論が勢いを増している。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜

クレーン横転 病院建設現場で1人死亡、3人重軽傷 長野(毎日新聞)
<枝野刷新相>国の出先機関職員3万5000人以上を削減(毎日新聞)
村木被告から指示なし 前任係長、障害者団体と面会は認める(産経新聞)
上司の「退職」発言でうつ悪化=日通に330万円賠償命令−大阪地裁(時事通信)
石川議員の離党を了承=民主、処分せず(時事通信)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-02-24 00:13