モバイルでペットを飼ってるひと


by fdklskmfbz

<JR福知山線事故>前社長の山崎被告は欠席 公判前手続き(毎日新聞)

 乗客106人が犠牲になったJR福知山線脱線事故(05年4月)で、業務上過失致死傷罪に問われたJR西日本前社長の山崎正夫被告(66)の第1回公判前整理手続きが5日、神戸地裁で開かれる。被告本人の同席が可能だが、山崎被告は出席しない予定。山崎被告の弁護人によると、今回は起訴内容に対する認否までは至らないという。予見可能性の有無などが最大の争点となる公判へ向け、実質的な手続きが始まる。

 検察側は、公判で主張しようとする事件概要を記した「証明予定事実」を既に提出しており、今後、地裁に証拠調べを請求。弁護側は証明予定事実に対する求釈明をし、検察、弁護側双方で争点と証拠を絞り込む。山崎被告の弁護人は「検察から証拠開示を受けて現在、弁護方針を検討している」と話した。

 公判前整理手続きは、初公判前に裁判官の立ち会いの下、検察、弁護側双方が互いの証拠などを示して争点整理し、集中審理計画を立てる。山崎被告の裁判で行うことは昨年7月21日、神戸地裁が決定した。【吉川雄策】

【関連ニュース】
福知山線脱線事故:検察審査会、遺族から意見聴取
JR福知山線脱線:「つながり」感謝の日 負傷した大学生、イベント企画−−20日
記者の目:失敗から学び、再発防ごう 佐々木洋
福知山線脱線:JR西日本の山崎社長が辞任表明 09年7月
<写真特集>JR福知山線脱線事故

二次医療圏見直しで検討会設置へ―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
北海道・根室で30センチの第一波観測(産経新聞)
龍馬特集の観光ガイド、全国発売(読売新聞)
狼疾記
<プルサーマル発電>伊方原発3号機「臨界」に(毎日新聞)
[PR]
by fdklskmfbz | 2010-03-04 15:35